広報ブログZAISOTIMES

全館空調のパッシブエアコン

 

年明け1月に行う見学会のお住まいには

OMソーラー㈱から発売されているパッシブエアコンという全館空調が搭載されています。

パッシブデザインのお住まいを、さらに快適にする全館空調です。

パッシブデザインとは

「建物をとりまく自然(太陽や風)や環境がもっているエネルギーを上手に利用できるように建物を設計することで

エネルギー消費を抑え、快適な生活環境や室内気候をつくろうとする設計の考え方・設計手法」を言い、

以下の5つの設計項目が設けられています。

パッシブデザイン

*自然風利用——風向きを利用して風を採り入れたり、空気の性質を利用して換気しやすくする。

*昼光利用———トップライトや高窓を付けて、太陽の光を採り込む。

*日射熱利用——太陽の熱を採り入れ、土間やタイルに蓄熱させて、夜間放熱させる。補助暖房として活躍。

*日射遮蔽———夏と冬の太陽の傾きの違いを利用して、夏場、庇や木、簾で日射遮蔽をする。

*断熱—————断熱性能を上げる。

ザイソウハウスのパッシブデザインのページへ

 

パッシブエアコンは、この中でも、心地よい住環境に欠かせない室内の熱と空気をコントロールし

さらなる心地よい住環境を実現する全館空調です。

<冬の空気の流れ>

温められた空気が床からも上からも吹き出すので足元からポカポカ。

家じゅうがむらなく暖かくなり、ヒートショックの心配もいりません。

<夏の空気の流れ>

冷たい空気は下に降りる性質があるので、冷やされた空気は上から吹き出します。

(絵では2階の天井にしか吹き出し口がありませんが、1階の天井に吹き出し口をつくることもできます。)

冷たい空気がゆっくりと下へ移動し、むらなく涼しくなります。

 

全館空調だと電気代も高くなると思われますが、意外とそこまで高くならないそうです。

詳しくは、こちら(パッシブエアコンのサイトに移動します)

 

当社にもパッシブエアコンを導入した社員と、お客さまがおりますが

どちらも、「とても快適でそんなに電気代もかからない」とおしゃっていました。

どこにいても快適な家で暮らしたい!という方は

ぜひ、1月22日(土)・23日(日) 名古屋市北区にて開催される完成見学会へお越しください。

詳細はこちら