アフターメンテナンス

 

暮らし守り

「暮らしを守る」ために必要なこと———それはまず、プロが住まいを正しく点検・診断するということ。
住まい手さまによる日頃の適切な管理のために、それぞれの住まいに合った情報・アドバイスを提供していくということ。
さらにザイソウハウスでは、より心地よく住み続けられるよう、
「暮らし方」に一歩踏み込んだご提案まで、暮らしを守るためのサポートをトータルでおとどけしています。

お引渡し

お引渡し時に、メンテナンス担当から、メンテナンスの計画と手法をお伝えします。

  • 住まい手さま自身でできるお手入れ方法。
  • 定期点検のこと。
  • 日頃から気をつけていただきたいこと。
  • 専門業者からの取扱いの説明をします。

住まいの定期点検

お引渡ししてから、半年・1年・2年・5年・7年・10年に定期点検を無償で実施しております。

  • 建物の状態・質・機能が正常に保たれているかを点検します。
  • 暮らしの中で、疑問に思うこと、不都合に感じることはないか等を伺いながら、住まい手さんとコミュニケーションを図ります。
  • 今後必要になってくるメンテナンスの予見、お手入れのアドバイスをいたします。

住まいカルテ作成

住まいの状態は、立地条件や素材、住まい方によって大きく変わります。それぞれの条件や家族のスタイルに合わせて一軒ごとに「住まいカルテ」を作成し、10年目以降は、より個別性の高いメンテナンスをしていきます。

  • 10年以降は、その住まいに応じた個別の住まいカルテ(点検・修繕計画)を提示・実施。
  • 10年毎に次の10年のカルテを作成。これまでの点検・修繕履歴、その住まいの傾向や暮らし方を踏まえて現状の分析をし、将来を予測します。それをカルテ化し、住まい手さまと話し合いながら、今後のメンテナンス計画を決定、サポートしていきます。