広報ブログZAISOTIMES

新社屋 掘り方~捨コン

 

4月の完成を目指すザイソウハウスの新社屋。

基礎工事の前に行われる捨コンまで完了いたしました。

その様子をご紹介します。

 

掘り方工事

掘り方工事は、基礎の底となるレベルまで掘る工事です。

前回のブログ【ザイソウハウス新社屋!?】
では地盤補強の工事で穴を掘ってそこにセメントを流し込むところまでご紹介しました。
今回の基礎工事は、そのセメントの頭(杭頭)の高さと、基礎の底が同じレベルなので
下の写真のような感じで杭頭が見えます。

※黄色で囲ってあるところが杭頭です。

掘り方なのに、土が盛り上がっているのは、右側が川になっている為です。

 

砕石工事

砕石工事は掘り方工事完了後、基礎内部に7~15センチ位砕石を厚さ10センチ敷き込み、
基礎が沈まないよう十分にプレート及びランマーで転圧を行い地耐力を出す作業です。

 

白くなっている部が砕石工事が完了した場所です。

 

防湿シート貼り

地面から上がって来る湿気を防ぐため、コンクリートで基礎を作る前に防湿シートを貼ります。

 

捨てコン

捨てコンクリートの略で、基礎の位置を正確に墨出し、施工品質を高めるために施されます。
構造的な役目はありません。

これから基礎工事に入ります。