広報ブログZAISOTIMES

消防検査

先日、工事中の倉庫の消防検査に立ち会いました。

ある程度の大きさの建物を建てると、消防用の設備を設置しなければなりません。

消防検査とは、その消防設備がちゃんと作動するかを確認する検査です。

 

その倉庫がこちら。

ほとんど完成しており、足場の解体が行われています。

足場が撤去されました。

 

男性が持っている棒の先に自動火災報知器があります。

この棒は、煙が出る仕組みになっており、煙を出したときにちゃんと作動するか点検しています。

すべての自動火災報知機にこの検査をします。

 

万が一、停電で電動シャッターが開かなくなってしまった場合、水圧で非常用電源装置を起動させるのが

自動電源装置・水圧開放装置です。

送水口金具にホースを繋ぎ、水を流すと、水圧で「水圧開放装置」内の水圧スイッチが作動します。

その動作信号により「非常用電源装置」が起動し、電動シャッターが開く仕組みです。

無事、開きました。

命を守るシステムと、法律が日々進化していきます。