広報ブログZAISOTIMES

テレビの位置と窓

注文住宅の一番良いところは、間取りを自由にできることだと思います。

 

私はよく、分譲住宅のチラシを見ては間取りを見てしまうのですが

この家は、どこにテレビを置いて、どこにソファーを置くんだ?

と疑問に思う間取りが少なくありません。

窓やドアが多くてテレビを置こうとすると窓を塞いでしまうような間取りや

窓があるため、テレビとソファーを斜めや直角に対面させないといけない間取りは

生活の中で、テレビや映画を観ることが大きな割合を占めている人(私)にとったら

居心地のよい間取りではありません。

 

ごはんの準備中にキッチンからテレビを観たい人(私)、食事中にテレビを観たい人(私)・観ない人

それぞれ生活スタイルは違います。

キッチンからもテレビが観たい場合は、キッチンの正面と対面にすか

 

キッチンの横に直角に配置する必要があります。

 

 

下の図のような配置にすると、食事中やキッチンからはテレビが観えにくくなります。

 

生活スタイルによって、間取りは変わりますが

家具の配置も、それに伴って窓の位置も変わってきます。

特に、棚やテレビ、ソファーなどの大きな家具は、窓やドアの位置によって

配置できる場所が限定されてしまいます。

注文住宅で家を建てるなら、ぜひ生活スタイルに沿って家具の配置を考慮しながら

窓やドアの位置を決めてください。

分譲住宅をお考えの場合は、この間取ならどのように家具が配置できるかを考えて

自分の生活スタイルに合った間取りの家を見つけてください。