広報ブログZAISOTIMES

狭小現場の上棟作業

 

上棟では主に、階ごとにクレーン車で木材を持ち上げて組み立て作業をします。

1階の床ができたら1階部分の柱や梁を1階の床に運び、

1階の天井兼2階の床ができたら、2階の床に2階部分の柱や梁をクレーンで持ち上げる

という手順です。

ただ、この方法だと建方が終わるまでクレーン車を常時駐車しておくスペースと

木材をストックしておくスペースが必要になります。

狭小の現場だとこの方法では難しい、ということで

今回の狭小現場では株式会社東京BK足場さんの「立体的屋台方式 TB荷受架台工法」

で上棟を行いました。

赤丸で囲った部分に木材が積まれています。

クレーン車と木材をストックしておくスペースがないなら

あらかじめ全ての階の仮の床を作って、そこに木材を置いておこう

というのがこの工法です。

この方法だと、クレーン車と木材をストックしておくスペースを確保しなければいけない時間が短縮されるのです。

 

そして、普段はクレーン車で作業している梁の吊り上げ・下げ、横行は

またまた株式会社東京BK足場さんのTBガーターリフトで行いました。

赤いハシゴのようなものと、黄色い電動ウインチがガーターリフトです。

電動ウインチが赤いハシゴを黄緑の矢印方向に動き、赤いハシゴはオレンジの矢印方向に動くことで

全範囲の移動が可能です。

梁をウインチのフックに掛けて、目的の場所まで運びます。

狭い土地で建てる家の需要が少なくない今、これからも活躍しそうです。