広報ブログZAISOTIMES

テレビの上部

住宅のリビングには、ほぼテレビを置かれると思います。

昭和の、家電製品、三種の神器でのテレビは、

ブラウン管でテレビ本体の奥行も大きく、、

 

熊が置かれたり、

叩いて修理されたり、していました。

(この修理方法を海外では、パーカッションメンテナンスというらしいです)

現在のテレビはサイズは大きくなりましたが、

薄型でモノを置けず、テレビ上部は、空いてしまう状況になりがち。

そんな状況をある商品が解決してくれるようです。

山﨑実業さんの商品、薄型テレビ上ラック スマート!

この商品をみて、オッ!と思ったのは、

薄型テレビは、テレビボード家具に置かず、壁に取り付ける事がありますが、

その場合テレビ背面に専用金具を取り付けて壁に取り付けます。

ですが、壁掛けをしない場合が多く、穴は空きっぱなし。

その利用されていない穴を活用しているところです。

(揺れても モノが落ちないように、用心が必要ぽい ですけどね)