広報ブログZAISOTIMES

新社屋 対象設備検査完了

 

早いもので今年もすでに一ヶ月経とうとしていますね。

月日が流れるのが年々早く感じるようになっているようです。

 

最近新社屋のご報告が滞ってしまい申し訳ありません。

この新社屋は、ゼロ・エネルギー・ビルディングという、

エネルギーの生成と消費の収支がプラスマイナスゼロになる建物になります。

これを取り入れた建物は国から補助金がもらえるのですが、

その補助金をもらう為には、期日までに決まられた設備を設置していないといけません。

その期日が、先日やってきました。

連絡不足で、補助金対象の設備検査に立ち会うことはできなかったので

検査の様子をお伝えすることはできないのですが、

現在の様子をお伝えしたいと思います。

 

まずは外観から。

足場があるので見にくいですが、

窓やドアがついて、外壁もほぼ完成です。

道路側にある大きな窓。

1Fから3Fまでガラス張りで、吹抜けなので、開放的な空間になっています。

こちらは、1Fの天井。

あたたかみのある羽目板です。

こちらは2F天井。

天井用化粧せっこうボード、ジプトーン仕上げです。

ここは、わたしたち建築部の部屋です。

最後にこちら。

この板材は、外壁用です。

この板材を外壁に貼ることで、木材を活かす家づくりをしているザイソウハウスらしい

ナチュラルな外観となります。

 

完成まであと約3ヶ月となり、大分完成に近づいておりました。

堀川沿いに建っているので、窓を覗くとキラキラ光る魚が見えました。

ピチッ!っとジャンプもしていて、仕事中のささやかな癒しになるのかなと思います。

ただ川の水が・・・。