広報ブログZAISOTIMES

新社屋 基礎工事 ~ほぼ完~

 

ザイソウハウス新社屋

建物の土台となる縁の下の力持ち

基礎工事がほぼ終わりました!!

 

前回、捨てコンクリート 通称 捨コンまで完了したことをご報告しました。
その続きからです。

 

配筋工事

鉄筋を曲げたり繋げたりして、図面通りに配置することを配筋工事と言います。
コンクリートは押しつぶそうとする力に対しては強いですが、
引っ張ったり曲げようとする力には弱いので、これを補うために行う大切な作業です。

配筋は、コンクリートを流し込む際にずれてしまわないように
しっかりと図面通りに組み合わせることが重要です。

 

基礎~土台~

配筋がしっかりされているかの検査が終わればコンクリートの投入です。
まずは、土台から。

土台基礎 完了です。

 

基礎~立ち上がり~

土台基礎のコンクリートが乾いて固まったら立ち上がりの部分に取り掛かります。
普段、ザイソウハウスは土台と立ち上がりの部分に打継のない一体打ちの基礎工事を行いますが
今回は土台、立ち上がりと分けて行いました。

まず、コンクリートを流し込む型を組み立てます。

型にコンクリートを流し込みます。

ドロドロのコンクリートを流し込むので表面がボコボコしていますが、
この後、サラサラなセメントを流し込み、水平でキレイな基礎に仕上げて完成です。