広報ブログZAISOTIMES

「微笑みがあふれる家」近況報告

 

こんにちは。

約1か月後の建物完成に近づいている「微笑みがあふれる家」に行ってきました。

数週間前は何もなかったところが、建築物の内部空間を壁などで仕切られ、

それぞれの空間に機能を持つようになりました。

透き通った美しさで目を惹いたのは階段。

段板は杉無垢材、踏込板はシナ合板を使用しています。

壁はクロス貼りを行いますが、階段のほわっとした表情が見られるのは今だけです。

完成した時にはどのような姿になっているのか気になります。

階段ですが、どのように造作されてるのか、どのように強度を保っているのか、

美しい階段を見ていると、造作方法が知りたくなります。

階段の造作について、過去のブログ「山々を愉しむ家」内部木工事。で触れていますが、

実際、この目で階段造作中を拝見してから、別の機会にお伝えしたいと思います。

2階に移動すると、天井に木格子が見えてきます。

住まい手さんの親友が訪ねてきた時にも、木格子について尋ねてしまうほど目を惹きます。

これは空気を下から上へと通り道を作り、小屋裏になる換気扇で換気をする役目があります。

現代の住宅は高気密高断熱が主流になりました。

冬は、壁や窓から冷気が入ってくるのを防ぎ、

家の中から暖かい空気が出ていくのを防ぐ構造ですから、

一度温まった空気が外に逃げることなく暖かく過ごせるのです。

夏は、気密性が高いため、湿気がこもりやすいため、

換気ができる仕組みになっています。

「微笑みのあふれる家」はOMクワトロソーラー搭載です。

屋根材・ガルバリウムの施工とOMソーラー集熱パネル設置が終わり、

この日は、現場ではクワトロソーラーパネルの設置中でした。

18枚あるパネルを屋根の片面に設置していきます。

OMクワトロソーラーは太陽光発電パネルで発電し、

太陽電池モジュールから発生した熱を回収することがきるため、

空気を効率よく暖めつつ、発電ができるようになります。

(OMソーラー及びクワトロソーラーのご質問は、各種見学会、セミナー他

随時受付していますので、ご連絡ください。)

OMソーラーの集熱ガラスパネルの下に、太陽光発電パネルが設置されています。
太陽の熱と、光を活かした家。
さらに場所によって、高断熱ガラスを工夫して取り付けるなど、
自然エネルギーを存分に活かした住まいとなります。