京町町屋

京町町屋

豊田市Y様邸

土地探しからスタートした住まい手さん。
提案型分譲住宅で希望通りの住まいに出会いました。
それから3年経ち、
現在のザイソウハウスの家に暮す住まい手さんを訪ねました。

出会い
~ザイソウハウスとの出会い~

 

 

木工工作っぽき野暮ったさがない感じで、”美しい”木の家をつくりたいと、何社か回ってザイソウハウスにたどり着いた住まい手さん。
住まい手さんの家づくりに対する想いと、ザイソウハウスの家づくりの想いが重なったところをお聞きしました。

「デザインではなく、基礎、構造がしっかりしていることにお金をかけようと一番に考えていました。
ザイソウハウスの構造見学会に行ってみて、担当者の方の話を伺っているうちに、ザイソウハウスの “木の性質をきちんと理解し、正しく扱って建て、木の魅力を引き出すことを大切にしている” という考えがわかりました。さらに、プロとしてのノウハウも存分に発揮してもらいましたので信頼できました。」

 

 

 

~家づくりをする中で~

 

「クロスを選ぶときに、壁の前面を想像して見られないことが困りました。想像力をフルに発揮して、さまざまな決断をしなければいけないこと。妻の想像力が乏しいのが課題でした。

家づくりについて奥さまは、
「私は、手持ちの家具や、キッチン用具に合わせて収納などの高さや大きさを設計してもらったので、ほとんど思い出せないくらい、あまり困らなかったんだと思います。(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

暮らし方
~楽しみながらの暮らし方~

 

「子ども達は広いリビングで、自由にごっご遊びをしたりしていて、床がとても気持ち良いと言っています。ウッドデッキに出るのも大好きで、年中裸足で駆け回っています。私から見ても、子ども達が過ごしやすいみたいなので、育つ環境としても良い気がします。
子ども達の成長に合わせて、子ども部屋をどのように造るか考えていきたいと思っています。」

「うちに友人が訪ねて来たときは、木の香りとぬくもりを体験して、みんな喜んでくれています。我が家に来た子はすぐに慣れて楽しい時間を過ごしてくれると、ママ友から好評です。これから、ここのキッチンから見える景色がとても楽しいですね。」と笑顔で奥さまがお話してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご主人さまは、
「現状を維持するための家の日常の世話が楽しいです。
庭も少しずつ育てて進化させていきたいと思っているのですが、植物についての知識がないので苦労しています。ですが、最初に庭木の選定に関わることができたので、それだけで深い愛着が沸いてきます。
「造作収納の扉など自分で調節したり、木塀の塗装を塗り直したりすることも楽しいです。それ以外にOMソーラーパネルを毎日チェックしてわくわくしています。冬の間は暖房を一度も使わなくても室内を毎日15℃に保ち続けられるんですよ。」
そ う言いながら、OMソーラーパネルの操作を楽しそうに説明してくださいました。

 

 

心地よい場所
~長く住み続けたい心地よい場所のために~

お引渡し後も、ザイソウハウスと交流していただいている住まい手さんから、これから家を建てられる方へのアドバイスをお願いしました。

「建てる時だけではなく、住んでからもずっとお付き合いの続くハウスメーカーや工務店選びをしてください。そして、自分たちの “こんな家にしたい” という希望と、プロからの提案を上手く取り入れ、長く住み続けたいと思える家を建ててください。木の家はキズ、汚れ、掃除の仕方などでハードルが高いように思われますが、住んでみるとむしろメンテナンスに手間がかからないですよ。」

 

 

—編集後記—

玄関を開けると、出迎えてくれるプレート。
ザイソウハウスからお送りした写真立ても飾ってあり、とても嬉しいです。

 

3年経っても木の香りが漂い、やさしい光に包まれた温かい室内。その室内の木の状態を見ると愛着をもって暮していただいていることが伝わりました。
取材、訪問会を通し、住まい手さんの暮らしの楽しみ方を知ることができ、大変参考になりました。

ザイソウハウスは、住まい手さんの将来につながる幸せになるよう、今以上に満足していただける家づくりを目指します。
京町町家の住まい手さんにはいつもご協力いただきまして、本当にありがとうございます。