工務店とハウスメーカーの違い

家を建てようと思った時に、ハウスメーカーと言われる会社と工務店と言われる会社があることに気がつくと思います。
このハウスメーカーと工務店は、何がどう違うのか、私たち工務店とハウスメーカーとの家づくりの特徴をご紹介します。

ハウスメーカー

  • 家を商品として扱っているので、家を売る会社です。
    (ハウスメーカーが直接建てているケースは稀で、ほとんどの場合、下請けの工務店が建てています。)
  • 規格化されており、カタログやモデルハウスも充実しているのでイメージが掴みやすく、工期も短くて済みます。しかし、規格化されているので、自由度が低く、注文住宅・自由設計と言っても自由になるのは間取りぐらいで、あとは数種類の中から選んでいくケースがほとんどです。
  • 規格以外のオプションを頼むと割高になります。
  • 会社の規模が大きいので、アフターサービスやブランド力など全国一律の安定したサービスを受けることが出来ます。

ある程度の要望が満たされれば、ご満足できる住まい手さん向き。

工務店

  • 家を建てる(造る)会社です。工務店では、家を規格化していないので、自由な間取りはもちろん、材料や設備など組み合わせが自由です。1つ1つがオーダーメイドで本当の自由設計が出来ます。
  • 規格化されていないので、細かいところまで注文を聞いてもらうことが出来ますが、工期が長めになります。
  • 展示場がなかったり、カタログなどが充実していないためイメージが掴みにくいことが多いです。
  • その地域に根ざした地域密着型が多く、その土地の地形や気候に合った家造りをしています。また職人の手造り感が得られやすいです。
  • 家づくりの最初から最後まで同じ担当者が関わることが多いです。
  • 住宅ローンなど資金面の提案が弱い場合があります。

手間や時間がかかってもこだわりの詰まった家を望む住まい手さん向き。

ザイソウハウスは工務店です。

名古屋を中心とした地域密着型の家づくりをしています。
住まい手さんの持っている家づくりへのこだわりや想いに応えるため、住まい手さん1人1人に向きあって、
そのこだわりや想いを「最適解」の形にして提案をしています。
そして、その提案をベースに住まい手さんの納得がいくまで、トコトン打合せをしながら家を造っています。