お知らせ 京町町家 of ザイソウハウス

zaiso_k80_line.jpg

HOME > お知らせ 京町町家


ザイソウハウスの住宅プロジェクト「京町町家」が、パッシブデザインコンペ2015
にて、以下の賞を受賞いたしましたので、ここにご報告いたします。


passive-title.jpg

passive-kompe1.jpg


陽の動き、風の流れ、視線の向きをコントロールすることにより、3棟それぞれが関わり合いながら、
心地よく暮らすことのできる街を提案した、分譲住宅プロジェクト。
住まい手は子育て世代。自然力に呼応した暮らしの価値観を、建物を通じて提案する。

8.jpg


 それぞれの建物を、延床面積30坪に抑える。
 このあたりでは、「ちいさな家」と
 言われる大きさだが、そこから生まれる
 余白(庭)との関わり、陽射しや風通し、
 家族が自然と集まる場づくりなど、
 小さいからこそ生まれる
 大きな豊かさを大切にした。

4.jpg 6.jpg 10.jpg 11.jpg


どの家の屋根にも、平等に降り注ぐ「太陽熱」。その熱エネルギーで暖めた外気を室内に取り入れ、
冬は換気しながら床暖房、夏はお湯をつくるOMソーラーを採用している。
なお、次世代省エネルギー基準を上回る断熱性能を持ち、熱エネルギーを効率よく活かせるようにしている。

<審査講評>
3棟の分譲住宅である。計画段階において地域の特性を考慮した周到な検討を行うことで、
パッシブデザイン住宅によって構成される心地よい街区を形成することができた。
区画や導線を考慮して各住宅の配置を行うとともに、夏期の日射遮蔽や通風、冬期の日射取得、
等の自然エネルギーを有効利用するための屋根や開口部を適切に計画している。
開口部や軒の出は年間の日影シュミレーションの結果を参考にしてデザインし、
また、地域特性を活かした効率的な採風、通風を実現するためにウインドキャッチャーも採用した。
実績のある太陽エネルギーによる床暖房や給湯システムを採用することによって、信頼性の高い住宅群となっている。

DATA
敷地面積:170.10㎡ 建築面積:55.70~55.91㎡ 延床面積:92.76~99.38㎡
設計・施工・販売:(株)ザイソウハウス  現場監督:鬼頭康博  棟梁:小林文男・各務忠行  完成:2013年3月